仮想化基盤ソフトの具体的な使い方

バナー

仮想化基盤ソフトの具体的な使い方

仮想化基盤とは、オペレーティングシステムとそれに接続されているハードウェアパーツを含めて、一つの仮想環境上に再現する技術とシステム全体を指します。この仮想化基盤技術は個人や法人問わず、様々な場面で利用されていて、ビジネスでも広く活用されています。



この仮想化基盤の環境を手に入れる方法は簡単です。

この仮想環境を利用できるソフトはインターネットで無料で手に入ります。
場合によってはアカウント登録を必要とする所もありますが、ソフトをダウンロードすればいいだけなので入手は容易です。パソコンにダウンロードしたらインストールをしますが、同時にデバイスドライバもインストールするため再起動が必要になることもあります。
インストールが終わったら次にOSのデータが入っているISOファイルを入手しましょう。


このISOファイルも無料でインターネットでダウンロードできますから心配いりません。

仮想環境にOSをインストールしたら、環境設定画面でメモリの量や使用するCPUコア数を設定します。
ホスト環境に搭載されているメモリ容量の半分程度を上限に設定してください。


使用CPUコア数を増やせば、仮想環境の動作はより快適になり、ソフトの処理なども早くなります。

明日に役立つ産経ニュースってとにかくお勧めなんです。

この仮想環境を使用する前には環境データをバックアップすることがオススメになります。

OSのインストールには時間がかかりますから、もし弄って遊んでいてOSが壊れてもすぐに初めの状態に戻せるため便利です。



Copyright (C) 2016 仮想化基盤ソフトの具体的な使い方 All Rights Reserved.