仮想化基盤を使うとこんなメリットが有る

バナー

仮想化基盤を使うとこんなメリットが有る

仮想化基盤というものは、OSやハードウェアをソフト上で再現するシステム全体のことを指しています。

この仮想化基盤はインターネットの世界では広く使われていて、ビジネスの世界でも欠かせない技術になっています。
仮想化基盤の技術は革新的なものがあり、多くの手間の削減に貢献しています。



どのようにして貢献しているかですが、例えば、多くの利用者の居るレンタルサーバでは、一つのサーバ本体に何人もの利用者を詰め込んでいます。

最小限の安いプランであれば一つのサーバに何百人と詰め込んだりして、そのリソースを共有しています。

話題の最新産経ニュース情報を利用してみませんか?

当然、詰め込みすぎれば処理能力がほかの利用者に引っ張られて遅くなってしまいますから、安いプランであれば仕方のない事象です。このようなときに、もし仮想化の技術をサーバ内に導入した場合、一つのサーバの中にいる利用者のプランに自由度を持たせることが出来ます。


CPUコアを二つだけ利用者一人に割り当てつつ、他の利用者には、CPUコア一つを10人で共有するという使い方も可能になります。



このように一つのサーバの使い方を自由度高くカスタマイズが可能になるのが仮想化基盤の大きな特徴です。他にも、個人の利用用途として、仮想環境を構築した後にその環境のデータをバックアップすれば、いつでも復帰可能な仮想環境を得ることが出来ます。

いつでも復帰できるので、仮想環境を実験場のように扱い、好きなことをしていじって遊ぶことも出来ます。

Copyright (C) 2016 仮想化基盤を使うとこんなメリットが有る All Rights Reserved.