仮想化基盤の仕組みと技術

バナー

仮想化基盤の仕組みと技術

仮想化基盤とは、ソフトウェア上でOSの動作をシミュレーションするシステム全体を指しています。


この仮想化基盤の技術は、ソフトウェアの上でどんなものでもシミュレーションしてしまおうという目的があり、OSから始まり物理的なハードウェアまで、仮想環境上に再現してしまいます。
昔からあった技術ですが、パソコンの性能が上がっていくごとに仮想環境畳のシミュレーションの精度や性能が上がっていきました。


それと並行してインターネット回線の速度の向上と相まり、ビジネスとしても広く利用されるに至っています。

ジョルダンニュース!の情報が欲しい方必見です。

仮想化基盤のサービスはネットワーク上のサーバサービスとしてだけでなく、アプリケーション開発であったり、特殊な環境を再現する目的などにも広く利用されています。

通常では起こりえない環境を仮想環境上に再現し、今までにないOSの使い方であったり、ソフトウェアの使い方を試すことで、革新的なサービスを産み出すキッカケにもなります。

仮想環境を手軽に扱えるようになったことで、個人開発者による利用も盛んに行われています。



個人規模でのアプリケーション開発では、動作環境を用意することが難しかったのですがそれが容易になったことが大きいです。

以前であれば、動作環境を用意するためにパソコン一式が必要で購入費用もかかり、物理的な機械なのでそれを置いておく場所も空けておかなければなりませんでした。
それを解決するものとしても仮想化基盤のシステムが役立っています。



Copyright (C) 2016 仮想化基盤の仕組みと技術 All Rights Reserved.